NEWS

どうして演技中に「迷い」が生まれてしまうのか

| 2013年8月3日 俳優・演技クラスB 第7回レポート 講師:谷口正晃監督 | + + + | シネマカレッジでの前回の授業から早二ヶ月—。 谷口正晃監督が再び京都に登場です! | 事前に受講生へと配布されていた課題脚本を基に、実技を進めていくのは いつもの谷口監督式WSの風景です。 が、今回興味深かったのは課題のシーンとは別のシーンが、直前に追加さ れたことで…

link

俳優には自主性が常に求められている

| 2013年7月28日 俳優・演技クラスA 第12回レポート 講師:浅川周監督、松野泉監督 | +++ | さあ、今回から俳優・演技クラス、レギュラー講師陣の授業はモードチェンジいたします! 映画撮影の配役が決定し、残りのレギュラークラスはそのリハーサルとなっていきます。 | 今週は日曜クラスのみだったのですが、時間が残り少ないため土曜クラスの受講生も 希望者が自主参…

link

見えなかったものが少しずつ形に。

2013年7月28日 配給・宣伝クラス 第6回レポート 講師:横地由起子先生 田辺ユウキ先生 ゲスト 映画『立候補』藤岡利充監督&木野内哲也プロデューサー | + + + | 前期の後半戦がスタートしました。 | 本日はシアターで話題作、映画『立候補』の上映があり、配給・宣伝クラスの カレッジ生も私を含め2名が鑑賞してきました。2人とも非常に感動し、授業の 前には興奮気…

link

自分と違う視点の導入が企画をより明確にする

2013年7月21日 企画・脚本クラス 第6回 レポート 講師:志摩敏樹プロデューサー | +++ | 本日の授業は脚本クラスの集大成とも言うべき「30分シナリオ」の講評でした。 講師はシマフィルムの代表取締役の志摩敏樹プロデューサーです。 | 教室の扉を開けると、入ってきた僕に気づいた志摩プロデューサーは 「ああ、ブラック企業の!」と一声。僕のブラック企業に対する恨み …

link

最後まで分からない!?配役オーディション!

2013年7月20日、21日 俳優・演技クラス 第11回(A)、第6回(B)レポート 講師:浅川周監督、松野泉監督 | +++ | 今回は土曜のBクラス、日曜のAクラス共に、前期のすべての授業終了後に 撮影する、松野監督と浅川監督による短編映画の “ キャストオーディション ” でした。 | といっても毎週会っているので、オーディション?って感じですが、 まだオーディシ…

link

「シナリオ以上の役を見つける」ために

2013年7月14日(日)俳優・演技クラスA 第10回レポート 講師:松野泉監督、浅川周監督 +++ | この日の授業は撮影済みの映像を見て、気になった点について意見を述べ合う というものでした。印象的だったのは、講師である松野監督と浅川監督が単に 指示を与えるのではなく、受講生と一緒に最適なキャラクターを探ってらした ことです。 同じ役を違う人が演じれば、もち…

link

レクチャー、企画吟味、聞き語り、そしてアクションへ!

2013年7月14日 配給・宣伝クラス 第5回レポート 講師:田辺ユウキさん、田中誠一さん ゲスト講師:井本修さん | + + + | 7月、京の街は祇園祭を迎えます。 四条界隈は山鉾が建てられたりと、にぎやかな雰囲気。 そんな街の中にある元・立誠小学校にて、今回も授業が始まりました! | 今回は初回同様、シアターロビーで授業。 元・立誠小学校のシアターロ…

link

緊急開催!【スクリーニング・セッション〜真夏の真昼の課外授業〜】

| 映画を観る。映画を語る。 未知の扉が開かれる。 | シネマカレッジ京都×立誠・シネマ・プロジェクト スクリーニング・セッション 〜真夏の真昼の課外授業〜 | シネマカレッジ京都は、ただいま5月からはじまった前期の各クラスが開講中で、 各クラス折り返しを過ぎ、佳境に入っています。 | そんななか、今回は、元・立誠小学校 特設シアターで、 講師の制作した映…

link

しなやかさと頑固さが企画実現の肝

2013年7月7日 企画・脚本クラス 第5回レポート 講師:安田真奈先生 + + + | 5回目の授業は七夕の日にふさわしい(?)40分延長して盛り沢山の内容となりました。 | 3部構成で進められ、まず、安田先生おすすめの映画の紹介から始まりました。 黒澤明監督作品『天国と地獄』などのモノクロ大作からB級作品まで。 恋愛、アクション、サスペンス、ホラーなどさまざ…

link

相手と呼吸を合わせる。芝居をするうえで大切なこと。

2013年7月7日 俳優・演技クラス 第9回レポート 講師:金世一先生 + + + | 今日の俳優・演技クラスAは、金世一さんのさいごの授業でした。 呼吸に合わせて身体を動かす、そして相手と呼吸を合わせて歩いて行く。 相手と呼吸を合わせるというのは芝居をするうえで大切なこと。 ただ目が合っているとかではない。普段から心が開き難いなという子や 自分の内にこもってしまい…

link