『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』湯浅監督・俳優ワークショップ

授業内容

出町座を拠点とする映画のまなびや「シネマカレッジ京都」にて、自身、大学時代を京都で過ごした湯浅監督の京都凱旋にともない、特別俳優ワークショップを実施します。映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』では、どのようにみずみずしくも感動的な俳優の演技を引き出されたのでしょう。俳優を志す方、湯浅監督の演出の一端に触れていただける貴重な機会です。ぜひご参加下さい。

 
 
 
 
 
 
 
 
 


募集概要

クラス名 〈俳優コース〉湯浅弘章監督 俳優ワークショップ
日程 2018年10月8日(月・祝)・10月9日(火)〈2日間〉
時間 10月8日(月・祝)16:00〜21:00(5h/途中休憩あり)
10/9(火)17:00〜20:30(3.5h)
受講料 8,000円(税別)
応募締切 9月29日(土)必着 *ただし定員(15名)に達し次第受付終了

★掲載されている日程、時間、講師は、やむをえない事情により変更になる可能性があります。予めご了承ください。

★開講10日前まではキャンセル無料。それ以降のキャンセルは受け付けません。予めご了承ください。


講師紹介

湯浅 弘章
映画監督

1978年8月29日生まれ。鳥取県出身。京都造形芸術大学在学中より自主制作映画やMVを監督し、卒業後は林海象監督や押井守監督のもとで助監督を務める。『流れる』(01)がPFFアワード2003技術称(IMAGICA賞)を受賞。『まばたき』(06)がPFFアワード審査員特別賞を受賞。『花』(06)が第13回函館港イルミナシオン映画祭、第10回シナリオ大賞でグランプリを獲得するなど数々の受賞歴を持つ。押井守総監修の実写オムニバス映画『真・女立喰師列伝』(07)の一編『草間のささやき 氷苺の玖実』を監督し商業映画デビュー。以降、撮影監督を務めると共に、監督としても「増山超能力師事務所」(17/YTV・NTV)、「ワカコ酒 Season1〜3」(15〜17/BSジャパン・TX)、「男の操」(17/NHK BSプレミアム)、「リピート〜運命を変える10ヶ月〜」(18/YTV・NTV)や、乃木坂46のMV・ショートムービーなど数多くの作品を手掛ける。『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』で満を持して長編商業映画デビューを果たした。


注意事項

★フォームにてお申し込みいただいた後、事務局よりご返事を差し上げ、正式な申し込み手続きへと進みます。まずはフォームにてお申し込みください。

★受講料は新規お申し込みの方は一括払いのみ、2回め以降受講の方は4分割まで対応可。分割払いをご希望の方はお申し込みの際にフォームにその旨書き込んでください。
  *講座によって分割可能回数が変わります。詳しくは事務局へご相談ください。
  *短期集中クラスの場合、分割払いはできません。
  *万が一受講が続けられなくなった場合も、払い済み受講料は返金できません。

★各クラス、応募が定員に達し次第、募集を締め切ります。あらかじめご了承ください。

★授業概要、受講料のお支払い方法、その他ご不明点は、お気軽にお問い合せください。

お申込

★参加希望の方は、以下のページからお申込ください。

お問合せ

★当カレッジに対するご質問等、お気軽にお問い合わせください。