NEWS

相手と呼吸を合わせる。芝居をするうえで大切なこと。

2013年7月7日 俳優・演技クラス 第9回レポート 講師:金世一先生 + + + | 今日の俳優・演技クラスAは、金世一さんのさいごの授業でした。 呼吸に合わせて身体を動かす、そして相手と呼吸を合わせて歩いて行く。 相手と呼吸を合わせるというのは芝居をするうえで大切なこと。 ただ目が合っているとかではない。普段から心が開き難いなという子や 自分の内にこもってしまい…

link

まるで企画会議!? 地域を巻き込んでの映画祭!

2013年6月30日 配給・宣伝クラス 第4回レポート コーディネート:田中誠一(シネマカレッジ京都) ゲスト講師:井上恭宏さん(新京極商店街振興組合・京まちなか映画祭実行委員長) | | + + + 今回は、受講生の皆さんが各自出した企画のブラッシュアップ。 じょじょに形が明確になってきます。 本当にこの企画は実現するのか? 目標設定はどこにするのか? そのた…

link

“ 映画の現場 ” でどのように存在するか。

6月30日 俳優・演技クラスA 第8回レポート 講師:浅川周監督、松野泉監督 | | 今回の講師は浅川監督、松野監督、レギュラークラスのお二人。 病院を舞台にした課題脚本をもとに、実際にカメラや照明を置いての授業でした。 受講生には撮影現場の経験がない人も多く、新鮮さと緊張、両方を感じたようです。 そこで、受講生に感想レポートをお願いしてみました。 ・・・・・・・・・・…

link

カラダとココロを “ 研ぎ澄まされた状態 ” へ。

2013年6月22日 俳優・演技クラスB 第4回レポート 講師:金世一先生 | | 今日のシネマカレッジ京都は韓国の俳優・演技トレーナーの金世一先生です。 土曜日クラスにとっては金先生の授業は初体験。 「演技」を行う以前の基礎を身につけるため、熱い指導のもと繰り広げられる トレーニングに戸惑いながらもやがてのめり込んでいく受講生の皆さん! シネマカレッジ京都の時空間で、…

link

常日頃から「これをドラマ化するなら?」と想像する

2013年6月23日 企画・脚本クラス 第4回レポート 講師:安田真奈先生 + + + 今日で4回目となる今回の授業は、まず安田真奈先生による、前回の課題「三題話」の シナリオ講評から始まりました。一人一人、丁寧にアドバイスしていただき、次のシナ リオ作品へのステップアップに非常に参考になりました。 また、受講生の一人の作品を元にグループを作って話し合いながら、「ト…

link

息の演技で白熱!

6月23日 俳優・演技クラスA 第7回レポート 講師:金世一先生 | | この日は金世一先生によるメソッド・トレーニング。 「息の演技」を中心に、今まで以上の体力と集中力を要する内容となりました。 聴講に来てくれていた、他クラスの受講生に感想を書いてもらいました! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 金世一先生の授業を見学させて…

link

『やさしい花』上映&安田真奈さん講演会

京都で立ち上がった新たな映画の学校[シネマカレッジ京都]。 その「企画・脚本クラス」講師である安田真奈さん(映画監督・脚本家)が 脚本を手掛けたNHKドラマ「やさしい花」の上映と、 安田さんご自身による講演の開催が決定しました。 会場は、シネマカレッジ京都とおなじく 連動するプロジェクトの 元・立誠小学校 特設シアター 通常の映画鑑賞とは異なり、ドラマ作品を観て、 家…

link

【宣伝】とは? やってみよう!5分間宣伝の実践!

2013年6月16日 配給・宣伝クラス 第3回レポート 講師:田辺ユウキさん 直井卓俊さん 田中誠一(シネマカレッジ京都) | + + + | 第1回に「劇場」、第2回「配給」ときて、第3回の今回は「宣伝」について。 | 前回、田辺ユウキさんから出された課題は、5分間でひとつの映画を その場で「宣伝」すること。 受講生ひとりひとりが、持ち時間を使って語っていき…

link

大切なことは “ 繰り返すこと ”

2013年6月16日 俳優・演技クラスA 第6回レポート 講師:金世一先生 | +++ | このクラスでは2度目となる、金世一先生の授業。 二回目となれば内容にも馴染んできて・・・とは甘い考え。 金先生のトレーニングで大切なことは「繰り返すこと」。 俳優がれっきとした技術職である以上、技術を磨くのは反復演習。 それを怠っていると、心と体の動きがチグハグな演技しかできな…

link

受講生も挑戦、監督も挑戦!

2013年6月9日 講師:谷口正晃監督 | +++ | 本日の俳優・演技クラスAにも、昨日に引き続き谷口正晃監督が講師として登板。 課題脚本をもとに演技実習に入っていきます。 それにしても、監督の演出は本当に緻密です。 目の動き、ちょっとした仕草、身体の向き・・・そんな些細なアクションから キャラクターの気持ちになっていないことを見抜き、細かく演技を修正していきます。 …

link